• 水野寿彦1984d 『水野壽彦教授業績集 (1)~(3)』
  • 水野寿彦1984d 『水野壽彦教授業績集 (1)~(3)』
  • 水野寿彦1984d 『水野壽彦教授業績集 (1)~(3)』
  • 水野寿彦1984d 『水野壽彦教授業績集 (1)~(3)』
  • 水野寿彦1984d 『水野壽彦教授業績集 (1)~(3)』
  • 水野寿彦1984d 『水野壽彦教授業績集 (1)~(3)』
  • 水野寿彦1984d 『水野壽彦教授業績集 (1)~(3)』
  • 水野寿彦1984d 『水野壽彦教授業績集 (1)~(3)』
  • 水野寿彦1984d 『水野壽彦教授業績集 (1)~(3)』
安い割引 水野寿彦1984d (1)~(3)』 『水野壽彦教授業績集 生物学
  • 当日発送
  • 送料無料

安い割引 水野寿彦1984d (1)~(3)』 『水野壽彦教授業績集 生物学

お気に入りブランド
販売価格 :

18,560税込

獲得ポイント :
ポイント

商品がカートに追加されました
安い割引 水野寿彦1984d (1)~(3)』 『水野壽彦教授業績集 生物学
販売価格:¥18,560 税込

在庫あり

※ 商品のお届けについてはこちらよりご確認ください。

SHOPPING が販売、発送いたします。

当日発送可 (14:00までのご注文が対象)

  • ご注文内容・出荷状況によっては当日発送できない場合もございます。
    詳しくはこちらよりご確認ください。

利用可

  • ポストにお届け / 一点のみ購入でご利用可能です。
    ゆうパケットでのお届けの場合はサンプル・ノベルティが対象外となります。
    ゆうパケットには破損・紛失の保証はございません。
    詳しくはこちらよりご確認ください。

商品の詳細

編集:水野壽彦教授退官記念会,発行年:1984年,(非売品)
 
水野寿彦先生が1948年~1983年にわたって発表された論文・報文等の集成です(別刷ないしコピー/単行本を除く)。収録報文は三分冊に編集・製本されており,内容は以下のとおり。
 
 (1) 淡水プランクトン関係: 計52編(19531983年)
 (2) 陸水生物関係: 計35編(19651983年)
 (3) 生態・理科教育関係: 計24編(19481982年)
 
※ なお,目次ページに水野先生御本人による加筆(論文の追加)が多々記されていますが,それらは出品図書には含まれておりません。

商品の説明

最新のクチコミ

★★★★★

人とチンパンジーなどの社会システムや性行動を比較するところに「裸のサル」を思い出す。性のメリットとは何かを考えさせる本である。

  • まろん0326
  • 37歳
  • アトピー
  • クチコミ投稿 1件
購入品

★★★★★

この手の本は好きなので色々読みましたが、その中でもとてもわかりやすく、おもしろかった。特に「遺伝子から探る」の項は、よく勉強していたつもりなのに知らなかったことばかりで、興味深く読みました。

  • you350
  • 25歳
  • アトピー
  • クチコミ投稿 1件
購入品

★★★★★

上平先生の水の世界.水は,そこに在るのが当たり前.本当に?水の不思議を,水分子の小さな動きと生命体との関わりを,物理化学の視点から分かり易く学べる読み物てき一冊です.10年以上経った今での,古さはないです.生体内の水は,本当に何もしていませんか?目から鱗の新しい切り口で水が見えます.

  • satofuru1709
  • 33歳
  • アトピー
  • クチコミ投稿 1件
購入品

★★

日本では1987年に翻訳されたオートポイエーシスからみた生命論。有機的な機械論であり今の生命論から見ると少し違和感があると思うが、その説き起こそうとしている世界は今読んでもある種の興奮を引き起こす。

  • ロシ田ロシシ
  • 41歳
  • アトピー
  • クチコミ投稿 1件
購入品

★★★★★

本書は、ドーキンスとグールド(故人)という二人の偉大な学者が、進化に関してどのような考えを説いているのか、その共通点・相違点は何なのかを、非常に明快かつ簡潔に解説したものである。 進化に関する書物は、一般向けから専門書までかなり数多く出版されているが、大部のものが多く、読むのに時間のかかるものも多い。しかし本書は、ページ数も少なく、二人の代表的学者の考えの概要が分かりやすくかつコンパクトにまとめられている。 二人の著書を読んだことのある人も、問題点を整理・再認識するという意味で、一読の価値があるだろう。

  • グッチャン517
  • 29歳
  • アトピー
  • クチコミ投稿 1件
購入品

★★★★★

汽水・淡水魚類編。2003年版です。オガサワラヨシノボリとルリボウズハゼが載っています。どちらも絶滅危惧1B類です。小笠原の淡水環境はあまり、というかかなり良くなくて、よく生き残ってるなという気がします。絶滅して欲しくはないんですけど。

  • asakorasu
  • 37歳
  • アトピー
  • クチコミ投稿 1件
購入品